忍者ブログ
軽音サークルDEEP STREAMのメンバーお知らせ用ブログ。

春学期新歓活動 振り返りミーティング

 

【議題】

フレッシュマンライブの振り返りを以下の5つの期間に分けて行った。

1.     新歓時期(4)

2.     新歓BBQ

3.     スポーツ大会

4.     当日までの練習

5.     ライブ当日

 

1.     新歓

<良かった点>

〇去年に比べると広報の量は多めだった。

〇インスタ開設は広報に役立った。

→最近はツイッターよりインスタのほうが情報提供の場として有効活用できる。

 

<悪かった点>

〇新歓活動スタートが今のままじゃ遅いかもしれない。

→履修相談とかしたらいいかも。新入生のオリエンテーションの時期からビラ配りを始めてもいいかも。

〇入部数が少なかった。

→フレッシュマンライブ終わってから入る子が1人だったから、ただ単に軽音に興味がある子が少なかっただけかもしれない。

〇ラウンジに入部届を提出するが、そもそもラウンジの場所がわからないという子がいた。

〇入部届がおいている場所がわからない子もいた。

〇昼ライブ日程が春学と被っていたり、特定の学科にとっては実験あったりで出演が大変だった。

→新歓時期の芝生は週に1回しか抑えれない。→PA陣の空いている曜日にせざるを得ない。

 

<来年の改善点>

〇負担は増えるが、オリエンテーションの時期から新歓活動を始めてもいいかも

〇『ラウンジへの行き方』の投稿も早めに。場合によってはビラにも記載しておくと親切。

〇新歓時期の芝生は各サークルで取り合いなので、早めに日程を調整して抑えておく必要がある。

〇代の学部と学科の割合によって、日ライブ予定日は相談する必要がある。(今年は生命が多かったので木金を除いた。)

〇新入生ラインを事前に作り、軽音に興味のある子をどんどん招待する。そこで新歓情報をまとめて流す方法も試していいかも。(他サーがよくやっている。)

〇確定新歓、新しい会場を見つける必要がある。全員一部屋で入る大きな居酒屋探そう、、。

2.新歓BBQ

<良かった点>

〇コンロをレンタルした(現地まで運んでくれる)ので、後片付けが楽だった。

〇食材は適量だった。

〇事前準備(集合の1時間前)に集まってくれた人が多くて、肉を焼き始めるのはスムーズだった。

〇積極的に新入生に話しかけている様子がよくみられた。

 

<悪かった点>

〇当日参加自由の形式なので、遅れてくる子が多かった。

〇遅れてくる新入生の対応に困った(何回も迎えの先輩が新三田駅まで往復して迎えに行ってくれていた)

〇目印がなかったので、駅に集合した後にどこがDEEPの団体なのかわからない。

BBQの場所が遠い。

〇飲み物が少なくて買い足しに行った。

 →暑いので水分補給は大事。多めに飲み物買っておいたほうが良い。

 

<来年の改善点>

〇コンロのレンタルはしたほうが断然楽。

BBQの後にアンケートをとったほうがいいかも。

→何を見てBBQを知って来てくれたか。(インスタかツイッターかビラか、など。)

 効果のあるものにはもっと広報に力いれる。

〇食材やゴミの運搬に車が必要なので、来年車出せる人を探しておかないといけない。

〇場所は2年前のほうがわかりやすいのでは。(新三田駅出てすぐ右の河川敷)

今の場所は遠い。ただし、車がとめれるかどうかは確認する必要がある。

〇集合場所で新入生を待っているとき、『DeepStream』って書いた大きめの看板があると集合場所がわかりやすい。

〇新入生ラインで事前にある程度新入生の参加人数を把握するようにしてもいいかも。

 

3.スポーツ大会

<良かった点>

〇河川敷での開催よりは、体育館でのほうが良かった。

BBQを失くしたのは良かった。

 →スポーツ大会だけで結構疲れた。

〇楽しかった!!

 

<悪かった点>

〇当日や前日に欠席する新入生が多かった。

 →幹事が班分けしてくれていたのに当日に予定が崩れた。

〇スポーツしたくない人が多いかもしれない。

〇ポートボールやリレーなど、結構激しい運動が多かった。

 →後半疲れてちょっとだれた。

〇体育館シューズを持っていない人が数人いて裸足か靴でやってた。

〇土日に学校に行くのは負担。

 

<来年の改善点>

〇軽音サークルでスポーツをしたい人は少ないかもしれない。同様なイベントを開催するなら、名称も工夫してもいいかも。(スポーツ大会は名前から敬遠される。)

〇上回生は楽しかったけど、1回生の意見を聞けていないのでBBQ同様アンケートをとってもいいかも。

〇他に親睦深めれるイベントがあれば変えてもいいかも。

 

4.当日までの練習

<良かった点>

〇やる気のある子が多かった。

〇新入生も部室予約を積極的に行ってくれた。

〇機材をパート長はじめ何人かで一緒に買いに行った。

DrGtの経験者にフレッシュ付きをつけて良かった。

 →経験者でもブランクが空いていたりするので先輩が教える必要がある。

〇キーボードにもフレッシュ付きを付けた。

 →音作りに関してはわからない1回生がほとんどなので、手伝ってあげる必要がある。

 

<悪かった点>

〇初心者を二人担当するのは負担が結構大きかった。

〇同じパートで学科も同じだと、個人練を別々に見てあげられない。

 →別の学科にするとバンド練が合わなくなる。

〇フレッシュ付きが2人のとこも3人にしてほしかった。

 →多すぎてもフレッシュ付きの必要性がなくなるので、一概に多ければ多いほどいいとは言えない。

〇バンド練の空きコマが合わなすぎる。

 →入部届に空きコマを記入してもらう?

 →そこまで考えてフレッシュを組む余裕はないかもしれない。

〇部室利用後にマイクやシールドが片付いていないことが多かった。

 →後片付けまで指導する。

 

<来年の改善点>

〇パートごとに、全員で機材を買いに行く日をあらかじめ決めておいてもいいかも。

〇キーボードのフレッシュ付きはつけておいたほうがいい。

〇余裕があればミキサーの扱いわかる人もつけてもいい。

 →ミキサーの扱い方マニュアルを作成してもいい。

〇パート長かパートの人ひとりを含めてフレッシュを組んだほうがいい。

 →今年は幹部にDrパートがいなかったので、Drパート目線からの意見も取り入れるべきだった。

〇フレッシュ付きが決まった時点でフレッシュ付きだけ先に発表してもいいかも。

〇入部届に記入する内容は変えてもいい。

 →具体的な経験年数。部活なのか独学なのか、など。

 

5.当日

<良かった点>

〇全バンド、リハを設けてよかった。

〇フレッシュマンライブをキンクロでしてよかった。

 →音響もいいしステージも高いし柵もあるのでフロアも盛り上げやすい。

〇全体的にフレッシュのレベルがどこも高かった。

 

<悪かった点>

〇土曜日開催になってしまったこと。

 →キンクロ日曜日が空いてなかった。

 →補講が入ればタイテ調整が難しい。

 →土曜日は打ち上げ代も高くなる。

〇ライブ終わりから飲み会までかなり時間があった。

→フレッシュマンライブは巻き進行になることも考慮してタイテを組むべき。

 

<来年の改善点>

〇フレッシュ付きの先輩も演者として交えてやってもいいかも。

 →この場合1回生は誰が1回生か先輩かわからないのでベストを選ぶのが難しい。ベスト制度を続けるか失くすかは議論する必要がある。

 →個人ベストはなくしてフレッシュベストだけにする案も出たので、検討してみてほしい。

〇フレッシュマンライブはある程度評判の高いライブハウスで行ったほうが良い。

〇土曜日に良いライブハウスで開催するよりは、日曜日に別のライブハウスで開催したほうが良い。

 →仕方がない場合は悪条件でも絶対に日曜日開催にするべき。

〇良いライブハウスを日曜日にとれるように、早めの予約を心がける。

 →新入生の人数やバンド数によってレンタル内容が変動するからリスクはある。

〇巻き進行になった場合も事前に想定してリスク管理をする。

 →ライブの前後や間に先輩が演奏する時間を設ける?(エキシビション的な)

 →新入生がメインのライブなので、最初と最後に先輩が出演するのは違う。間だとその次のバンドがプレッシャーかかるので、いずれにせよ時間が余った時どうするかを考えておいたほうが良い。

 

日付:2019712

場所:第2厚生棟1 学生ホール

司会:全

書記:濱口

参加者:小田、藤田()、小川()、斎藤()、吉見、飯田、井上()、榊原

PR
  Vo Gt Ba Dr Key その他 合計
1回 松下(gt) 能海 筒井 吉田 植田   22
吉ケ江(gt) 大隅 池田    
  松永 尾関 安田    
    板井    
  的場   茂木    
  難波   中嶌    
  児玉   藤岡    
  丸山   村岡     
2回 赤田(gt) 新田 大賀 秋本 有馬   25
松葉(gt) 平松 井上さ 早川 松尾  
平本   狩野 森野 佐藤  
長尾(gt)   宮川 榊原    
十住(gt)   竹之下      
生駒   本郷      
樫本(gt)   富田      
    中垣内      
    井上し      
3回 保坂(gt) 飯田 小川か 向井 吉見   16
安川(gt) 藤田 清家 濱口 中垣  
全(gt) 齋藤   奥田 小田  
      小金 元田  
4回 小川た(gt) 菊池 横山 柴田   中村(Key以外) 8
埜辺(gt) 船越        
三本松(gtかもしれない)          
合計 15 15 15 17 8 1 71

お疲れ様です、夏合宿幹事の松尾です。


夏合宿の参加者一覧です!
自分の名前の有無とパートの確認をお願いします。
不備やご質問等ありましたら、お手数ですが、まつおかんた(LINE名)まで連絡お願いします。
2019年 6月18日(火) 第1回2回生ミーティング議事録

1.       代の方針

Ø  去年の意見

    シャッフルメイン

    シャッフル・有志半々

    有志メイン

→今年は②で運営、実質は有志少ない(音源)

Ø  今年の意見

    0人 ②24人 ③5

→昨年度と同様に運営する方針

Ø  掛け数・斡旋制度について

斡旋制度:特定のパートが足りない際に掛け数に余裕のある人に幹部(斡旋係)から声をかける →賛成24

・ベストがあるライブで斡旋はなし

 さんおわ、うたまつりのようなベストなしのライブで実施

Ø  サポート制度について

※サポート者は掛け数に含めず、出演費もいらない

3回生の代では推奨されていない(キリがなくなる)

キーボードの人数の関係でキーボードがいなくなる

→サポートにも掛け数を作る 試験的に実施

正規として参加している人のみサポートを認める

Ø  シャッフル出ないと有志に出られないのは本当にシャッフル・有志半々になっているのか?

・シャッフルを強制にしなかったら結果有志メインになる可能性

・出たくないのにシャッフルに出ざるを得ない人がいる

       ↓

Ø  シャッフルのモチベーション

・かえるのうたまつりと夏ライの両立ができていない人もいる

→ 間隔が短すぎるのが問題では?

    5月にdeepとしてのライブがないため有志をずらす

 →・ノーボーダーの音源と被る?

  ・Deepだけのライブでないもの(NBRF、合同等)に出る人は各自で責任を持って組むべき

    シャッフルの応募を早めてメンバーを早く組んで練習期間を長くとる

→・幹事を決めるのに時間がかかるためあらかじめ幹事をまとめて決めておく(幹部決めの時にまとめて) ライブの直前に幹事を決める意味?

                 ・ミーティングを開いて決める

 

・シャッフルの練習が疎かになる

・予定が合わない

Ø  バンマスの仕事

・事務連絡を回すだけで機能していない

→シャッフルの練習を積極的に回す

・初心者の人からしたらやりにくい、今のバンマスの決め方(やったことのない人が優先的にする)を変える必要があるのでは

・事務連絡を回すだけならわざわざバンマスを決める必要ない

PA表の書き方を学ぶためにもバンマスはいろんな人がやるべき

・結局は先輩が練習を回してしまう

・「事務連絡、PA表を書く係」「練習を回すバンマス」という二つの役割に分離する

・特定のバンマスを決めずに全員で一緒にPA表を書いたりして書き方を学ぶ

・練習日程や曲決めるのにごたつく

→バンド練に対するアドバイスではなく、バンマスが積極的にこれらを進める(言い出す)

2.       ベスト制度について

メリット

・個人のモチベーションが上がる うれしい

・他のバンドをちゃんと聴く

デメリット

・シャッフル組みの段階でベストが狙えないと判断して練習を疎かにする人も

 

・個人ベストだけで良い

・有志ベストは必要ない

 →ベストをとるためにメンバーにこだわって組む人も

        純粋に組みたい人と組めないのでは

 春学の出演者を決めるときなどだけ実施

・ベスト表の任意制(書かなくてもよい)

 うまさがあまり分からない人からしたらベストをよくとっている人にいれる 純粋なベストが決まらない 

・うまい人ではなくうまくなった人に票を それが難しくてもコメント欄を増やしてうまくなった人に対してもコメントを

頑張ったね欄(成長した人に入れる)といつも通りのベスト

・今のままのベスト制度でいくならコメント欄を増やすか、頑張った人にいれるベストをつくる

・ベスト票自体が上手い人にいれるのか、盛り上げた人にいれるのかが曖昧 →上手さだけではないベストを別に作る

・シャッフルのベストは運次第(メンバーで決まる)という意見に対して ベスト取れないと判断した段階でモチベーションが落ちると曲決めや練習日程を決めるのも遅れる 実力以外でも差がつく

頑張ろうと思える新たな制度をつくる

・シャッフル組みの段階で話を積極的に進められそうな人、練習を盛り上げてくれそうな人を均等に割り振る

→シャッフルの組み方も検討すべき

3つ前までに当たった人を当てない という決め方を変える(制限を軽くして組みやすくする)

・メンバーが仲良くないから、ベスト取れそうにないからモチベーションが下がるというのは、それを打開するためにシャッフル組んでいる意図もある

 

3.       パート長の役割

・ベスト票を切ることがメインになってしまっている

 パート長がベストを切る必要はない

・パート練があれば楽器に対して意欲の上がる人もいる

・パート内でのつながりを深める役割

 パート練がなくても気軽に質問できる関係に

・ラインのグループなどで誰でも気軽に質問できるようにする

・後輩の側からは聞きにくい 先輩側が積極的に質問の機会を設ける

・パート練をしても人が集まらないためパート練をする必要がない

 パート練をしたら実際に行くか?→17

・シャッフルごとにパート練を作って耳コピできない等の場合に気軽に質問できるように

・パート長の仕事としてできるだけパート練は開いていくべき

・パート練をしても先輩と仲がそれほどよくなければ聞きにくい

 人間関係を深める必要性

・パート長側から質問がないか聞く

・パート練以前に親睦会開くことで聞きやすい環境を作る

 

4.       次の議題

・幹部体制(渉外、渉内を幹部に含めるか?それぞれの人数は何人が最適か?)

・会長、副会長の決定

 

司会:十住

書記:狩野

出席者:赤田、有馬、松野、本郷、山中、榊原、井上()、松葉、前野、早川、平松、生駒、長尾、中垣内、樫本、秋本、佐藤、森野、大賀、新田、平岡、松尾、宮川、富田、
井上()、田中、前田

夏ライ当日の流れです。
日程6/16(日)
場所 神戸108
11:00 1バンド目ライブハウス入り
11:00 その他集合 (阪急神戸三宮西口マック前)
11:30〜12:00 リハ
12:35〜13:00 ① 安川西原シャッフル
13:05〜13:30 ② 平岡生駒シャッフル
13:35〜14:00 ③ 赤田松葉シャッフル
14:05〜14:30 ④ 横山保坂シャッフル
14:35〜15:05 休憩
15:05〜15:30 ⑤ 尹山本シャッフル
15:35〜16:00 ⑥ 三本松平本シャッフル
16:05〜16:30 ⑦ 西全シャッフル
16:35〜17:00 ⑧ 赤木十住シャッフル
完徹 18:00
打ち上げ 19:00〜
出演費 1000円
飲み会代3300円
出演費と飲み会代は当日本番前に各バンドごとに集めます。

NBRF2019の音源審査の投票結果をお知らせします。

1.ずっと真夜中でいいのに。                28票

2.never young beach                         30票

3.Hump Back                                      14票

4.sumika                                             40票

5.大森靖子                                           38票

6.ASIAN KUNG-FU GENERATION    12票

投票者数 47人

フレッシュ票 7バンド

よって

sumika(40票)

大森靖子(38票)

never young beach(30票)

ずっと真夜中でいいのに。(28票)

以上4バンドがNBRF2019出演決定です。

沢山の投票ありがとうございました。

カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/03 rolex gmt 2 fake]
[11/03 contrefaçon rolex datejust oyster perpetual]
[09/09 van cleef and arpels butterfly knock off necklace]
[09/25 bracelet van cleef occasion réplique]
[07/20 Alfredmn]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]