EventPlanning 2回生ミーティング 忍者ブログ
軽音サークルDEEP STREAMのメンバーお知らせ用ブログ。

議題

1.幹部決定

2.その他役職について

3.方針決定

4.秋のうたまつり

 

 

1 幹部決定

 

<渉内>

・保坂(立候補)

[立候補理由]

あまり自信はないが、冬合宿幹事の経験を生かし、サークルの役に立てるのではと考えたため

・奥田

[推薦理由]

しっかりしており、スケジュール管理や部員との関係性を求められる渉内に向いている

<渉外>

・藤田(優)(立候補)

[立候補理由]

ミニNBRFのセッション参加、NBRFの執行部の経験を経て、他大学の人と関わる楽しさを知り、それに携わる役職に就きたいと考えたため

[推薦理由]

真面目で優しく包容力があり、皆のことを考えることができる

外に顔が利く人がなるべき

仕事をちゃんと任せられる

 

<会長>

・全

[推薦理由]

deepのイベントへの参加率が高い

一番まとめる力があり、状況を冷静に捉えられる

サークル、勉強ともに努力しており、皆の見本になれる

人望が厚く、人当たりも良い

<副会長>

・藤田(聡)

[推薦理由]

しっかりしており、自分の意見をはっきり言える

会長やその他幹部をしっかりサポートできる素質がある

少し遊びすぎなところもあるが、ちゃんと意見に芯がある

・小田

[推薦理由]

1回ミーティングを開いたり、deepのことを考える気持ちが強い

しっかりしていて、自分の意見を持っている

客観的な意見を出してくれる

・全

[推薦理由]

皆からの信頼がある

副会長のほうが向いている

~結果~

幹部メンバーは、

会長:

副会長:小田、藤田(聡)

渉内:保坂

渉外:藤田(優)

でひとまず決定とし、回生LINEで不信任の意見を受け付けることとした。

2.その他の役職について

今回は、ミーティングに参加していなかった人も含めて候補となるメンバーを挙げ、完全な決定は後日とした。

<パート長>

[ボーカル]

・安川

[ギター]

・近藤

・飯田

・藤田(優)

[ベース]

・水原

[ドラム]

・濱口

・向井

[キーボード]

・小田

・吉見

~パート長の仕事~

・パート練習(主に基礎練)

・ベスト表の集計

・機材講習

~基礎練の内容~

[ボーカル]

筋トレ、体幹トレーニング、発声

[ギター・ベース]

運指練習

[ドラム]

パッド練習

[キーボード]

ハノン(練習曲集)

~理想のパート長~

・コミュ力がある

・楽器に対する知識がある

・サークルライブの出席率が高い

[問題提起]いろんな楽器に挑戦している人がなっていいのか

結局ほぼ雑用だからいいのでは

どの楽器をメインにしているのかわからない

いろんな楽器に知識があるほうが視野が広がる

いろんな楽器をしててもなお、その楽器が上手いのなら問題ないのでは

 

PA

全、近藤、向井、栗野、小田(楫屋)

ほぼ決定

 

<会計>

・奥田⚪︎

・小川

・斎藤

・妹尾

 

<広報>

・小川⚪︎

・濱口⚪︎

 

web担>

・吉見⚪︎

・妹尾

・斎藤

・中垣⚪︎

・水原

     

印付きの人は、担当する意思あり。パート長以降は、人の集まりを考慮して変更の可能性(余地)あり。

~結果~

候補のメンバーだけ挙げた上で、回生LINEにて共有し、立候補、辞任の意思があるかを確認することとした。

 

 

3.方針決定

前回までの方針:「楽しいことが第一。楽しむためにもサークル全体の実力を底上げしたい。」

これは特に異論がなかったため決定とした

 

楽しいとは何をもってして決まるのか?

・自分(全体)の演奏のうまさが手に取ってわかった時

・ベスト表の票数が多かった時

・ライブした時

・他人にほめられた時

・グルーヴ感を感じた時

         ↓

これを感じるにはどうすればいいか?

・クオリティーはやはり必要

・本番余裕を持って演奏できるぐらい

見ている方も楽しめる

目配せしたり、動いたり、演奏者自身が楽しそうに見えるような演奏を心がける

 

方針を達成するには?

・いろんな人とコミュニケーションを取る

シャッフルでの親睦会を開催するなど積極的にコミュニケーションをはかる

・練習が楽しめる環境づくり

・意見を出す(ほかパートにも)

・初心者にも難しめの曲をあげる

簡単な曲をどこかで提示

出来ることが自信に繋がり、モチベーションがあがる

実力の底上げ(シャッフルで)

・パート練習を増やす

パート長が基礎練習の仕方を教える

機会を増やす

学校へ行くのが面倒くさい、時間がない(問題点)

    

まとめ:時間の関係上、細かい話し合いは後日に。具体的な案がでたが、何が出来て何が出来ないか分からないため今のところ保留。このようなことを行おうという意識をしっかり持つ。

 

 

4.秋のうたまつり

開催するか否か(するとしたら開催時期は11月半ば)

 

[デメリット]

・忙しい時期に開催される

・実力がある人が他のライブに出るためキャパの問題で結局出ない

・冬ライに出るという条件付きのため、人数が集まらないのでは

→1回生の出演をどうするか

→1回生だけのバンドだと演奏面に不安が残る

[メリット]

・方針を話し合う際にたくさん出た、有志ライブを増やしたいという意見に即す

・実力的にもあまり有志を組めない人に有志を組む機会を与えられる

・学祭で出られなかった有志バンドの発表の場を設けられる

[解決策]

・学祭シャッフルを廃止にすれば、有志が出られる枠も増えるし、秋のうたまつりをシャッフルライブとして開催したら1回生も出れるし良いのでは?

今年度では不可能なため次回のミーティング以降に持ち越し

まとめ:時間の関係上、結論が出せなかったため次回のミーティング以降に持ち越すこととした。決定は遅くとも9月中に行なう。

次回の議題

・秋のうたまつりの開催について

・役職決め

・有志の掛け持ち制限について

・音源審査、ライブ審査について




日時:2018年7月28日(土) 15時~18時
場所:第二厚生棟2階Fresh Box


司会
:

書記:小田、江戸谷、毛利

参加者:飯田、江戸谷、小川、奥田、小田、栗野、斎藤、佐藤、妹尾、武元、全、濱口、藤田(聡)、藤田(優)、保坂、毛利、元田、安川、吉見

 
PR

2018年度 2 2回生ミーティング 議事録

日時:73()18時半~21

場所:アカデミックコモンズ クリエイティブスクエア

 

0.今回の内容】

1.代の方針確認

2.有志、シャッフルライブについて

3.幹部体制

4.その他意見

 

 

1.代の方針】

Ø  前のまとめ

・シャッフルに影響出ない範囲で有志を組む。

・有志に出られる機会を増やす。

・バンドを増やして練習量を増やして、数をこなすことで質を上げる。

 

Ø  今回の意見

・現状に不満がない

個人の調整ができるのなら影響が出ない範囲を気にする必要がない。

自分の容量を理解してる、から問題ない。

有志(自分の好きな曲)もしたいけど、実力はないから自粛してる。

・バンドしたいからみんなが楽しめるようにしたい。

だから、実力を底上げしたい。

・楽しむことは前提

・チャレンジ精神が豊富なサークルにしたい。

方針:『楽しいことが第一。楽しむためにもサークル全体の実力を底上げしたい。』()

 →今回欠席者が多いため、仮決定とし、欠席者の意見も参考にしたうえで、次回正式に決定することにした。

 

 

2.シャッフル、有志ついて】

Ø  シャッフルライブ

〇シャッフルの数について(夏ライブ、夏合宿、学祭、冬ライブ、冬合宿 計五回)

妥当、このままでいい。

有志を増やしても、組む人が同じという現状が変わらない気がするから、シャッフルを増やしてはどうか。

・シャッフルの要領で、斡旋制度を設けて有志を組むのはどうか

シャッフルを増やし実力を上げて有志をしたいという目的を達成する。そのために数を増やす。

1個ぐらい増やしてみたい。

応募時に好きなジャンルを聞いてそれに合うようにシャッフルを組む。

技術向上に偏りが生じる。

*新しい音楽性に触れるというシャッフルの目的がなくなる。

シャッフルの良さが崩れる。

みんなの音楽の感性を知ることで、したい曲をすることの達成につながる。

曲だしの時点で数を減らすことで、したい曲をすることの達成につながる。

〇結論

 →代の新しい挑戦としてシャッフルライブを1個増やしてもいいのではないだろうかという意見が出た。日程などの理由で開催できるかの現実性も考え、今後検討してみることにした。

 

Ø  有志ライブ

〇音源審査について

・音源審査よりもライブ審査の方がいいのではないかという意見がでた。

 それぞれのメリットとデメリットをあげた後、多数決をとった。

 

☆ライブ審査

・メリット

盛り上がりが伝わる。

本番に近い形で審査できる。

・デメリット

スケジュールがさらに合いづらい。

金がかさむ。

出演者で選んでしまう。

開催する場所がない。

PAの実力が関与してしまう。

 

☆音源審査

・メリット

ミスを減らせる

何回でも聞ける。

ほぼ全部員が審査に参加できる。

・デメリット

精神的に負担。

音数、音圧に限界がある。

曲の雰囲気で決まってしまう。(コミカルバンドが辛い)

審査がミスの粗探しみたいになる。

原曲と比較されすぎる(アレンジは?)

 

〇多数決の結果

・音源審査…6

・ライブ審査…9

・その他(ライブごとに変える、わからない)…5

 

〇結論

 →ライブ審査に賛成の人が多数だった。シャッフルと同じく、今後現実性も考慮し、意見の多かったライブ審査の導入を検討してみる。

 

追記:音源審査の評価基準を設け、共有する。

 

 

3.幹部体制について】

〇過去の体制

会長・副会長二人←渉内・渉外   …五人体制

会長・副会長←渉内・渉外  …四人体制

 

〇理想の幹部像を各々が自由に挙げた。

・まともな人。

・責任感の強い人。

・部員の悩みや話を聞いてくれる人。また話しやすい人。

・ある程度の実力を持つ人。

・サークルの顔にふさわしい人。オーラがある人。

・コミュ力、陽気さ、発言力。

・気配りができる人。

・人望が厚い人。

・単位を落としていない、サークルと勉強を両立できる人。

・正義感が強い、自己管理ができる、冷静で争いを好まない人。

・サークルへの参加率が高い人、理解力が豊富な人。

・行動力がある人。

・情報のやり取りが円滑に進められる人。

・仕事が早い人。

Deepが好きで大事にする人。

 

〇各体制のメリットとデメリットを挙げた。

☆五人体制

・メリット

→会長と副会長でダブルチェックができる。

→多い方が安心。

→少なくて足りないより多くて余る方が良い。

→各幹部の役割負担が解消される。仕事が分担できる。

→幹部内でたくさんの意見が出るから意見の偏りがない。

・デメリット

→人が余る。明確な仕事がない人が出てくる。

→情報の共有で漏れが生じる。

→人任せが生じる。

 

☆三人体制

・メリット

→前に出た時見栄えがいい。

→人数が余らない

→少ない分意見のまとまりが早い。

→仕事が明確になるので、責任感が生まれる。

・デメリット

 →緊急時に困る。一人欠けたら大変。

 →会長の負担が増えるのではないか。


 

追記:渉内と渉外を役職という立場に変更。三人体制はどうか。

    だったら副会長一人の方が良い?

    四人体制はどうか(多くなく、少なくなく)    など。

 

〇話し合った後に多数決をとった。

・五人体制派…10

・三人体制…8

・その他四人体制・わからない。)…5

 

〇結論

その後話し合いの結果、全員の納得があった上で、五人体制でいくことに決定した。

 

 

4.その他意見】

〇参加者が紙にそれぞれ感じたことや不満・提案等を匿名で書き、ミーティング終了後に回収した。

 


司会進行:全

書記:小田・妹尾

出席者:水原・岡野・西原・武元・奥田・飯田・藤田()・保坂・藤田()・濱口・中垣・栗野・吉見・元田・森部・向井・小川・伊藤・藤井・宮前 

23

Deep Stream 2018年度 第1回 2回生ミーティング 議事録



シャッフルについて

・シャッフルの質の低下がみられる。楽しむためにも質を上げるべき。
   ←成長を感じられることが楽しみにつながる
 1. 最近シャッフルで出される曲が難しすぎるのではないか(←質の低下につながっている)
  →曲だしの時点で個人のレベルを考えて曲を出すべきor弾けないと思った時は自己申告
  ⇔今の実力から見ると少し難しい、くらいが望ましい→成長につながる
 2. シャッフル練までにコピーが終わってない人が多い
  →合わせる前の個人練が大事。←シャッフルは話し合いの場にするべきだから。曲が通らないのはもったいない。
 3. 練習中に意見(アドバイスとか悪いこと)を言えていない(主に2回生)。  
 4. シャッフル内でミーティングをして個々及び全体の良い点、悪い点をLINEのノートにまとめる。
 5. バンマスが機能していない。雑用しかしていない。
  →4番のことなどをやればいいのでは?⇔バンマスがそこまでする必要はあるのか
  
バンマスの仕事について
・バンマスが機能していない
・バンマスの仕事をちゃんと下の代が理解していない。
  →バンマスの仕事内容を改めて確認  
 1. 幹事からの連絡を伝える  
 2. PA表   
 3. LINEグループを積極的に動かす。
などを皆が分かるようにどこかで共有    



代の方針の方向性
今後細かいことを決めていくための基盤となるように、ざっくりとした代の方針の方向性や理想のサークル体制について考えた。
・方針1:有志重視、多くバンド組む、楽しむ
・方針2:実力主義、シャッフル重視、質の低いライブはしない
・方針3:その中間、楽しむけど実力もいる、シャッフル重視 

現2回生の代
・1と3の中間  
 1. シャッフルに影響がでない範囲で有志ライブは開催。
      →バンドがあるから練習できる。
    →明確な範囲の設定を設けるべき
 2. ただし有志には制限を付ける。
   →シャッフルに参加しないと有志には参加できないなど。

  ・1に賛成の意見
 1. 3だとそれぞれの価値観が出る。
        →個人差があってまとまりにかける
    2. やりたいバンドができる方が良い
   ←有志ライブの数があれば解消⇔多すぎても聴くほうが大変
 3. シャッフルのクオリティはそのまま、有志はやりたいように
    4. 有志の出せる場を増やす。(合同も)
   →実力がない人も有志に出れる場が欲しい
          (←練習に対するモチベーションの向上→全体の実力底上げ) 

・3に賛成の意見
   1. ある程度の質はいるけど楽しめるように
  →どの程度まで求めるのか
 2. 音源審査なしの有志を増やす。
 3. クオリティーがある上で楽しい。
 4. 現状の体制に不満はない。

  その他の意見
・1を基盤に、シャッフルに影響でないように
 →現段階で現実的ではない。
・かけもちは好ましくないが完全実力主義ではない
 →実力がない人も有志を出せる機会を。
・シャッフルだけではやりたい曲ができない→有志もやりたい
・練習の段階でのレベルを設定。
 →初回から曲が通るのは大前提。目標は初回から周りを見れるぐらいの余裕をもてること。ライブの時には楽しめる。
・楽しむことが大前提だけど質も伴う(楽しむ:質=6:4くらい?)

  最終的な意見
シャッフルに影響ないレベルで有志を増やしたい。いろんな人が有志に出られる機会を。バンドを増やして練習量を増やして質を上げる。(←数をこなすことも大事)   



秋のうた祭り(冬ライ強制参加)
出たい:13(欠席者:2) 出たくない:3(欠席者:0)
その他はその時になってみないと出るかは分からないが、秋のうた祭り開催については賛成派が大半だった。



ミーティングの開催頻度について
・夏合宿までに方針や幹部体制等は決めておきたい
  →6,7月にできる限り話を進められるように調整する



次回のミーティングでの討議内容(予定)
・第1回ミーティングの内容の振り返り
・代の方針の方向性の確認
・有志、シャッフルライブについて
・幹部体制







司会:小田
書記:小川、斎藤 
出席者:飯田、江戸谷、小川、奥田、小田、栗野、近藤、斎藤、坂元、佐藤、清家、武元、全、中垣、蜂須賀、藤田(総)、藤田(優)、保坂、向井、安川、吉見

冬合宿2回生ミーティング ~寺尾温泉編~

【今後の予定の確認】

3/22サンオワ 

3/26ミニノーボーダー

4/11.12(10日準備)春学

4/13.16.23新勧ライブ  

4/21新勧BBQ 

5/4確定新勧 

5月中旬 deep春の大運動会 

6月中旬 夏ライ
7/1
フレッシュマンライブ 

8/21.22ノーボーダー

9/5関関文 

92週目夏合宿

 

 

・サンオワについて 3/22 

掛け持ち制限2かけまで。掛け持ちした分だけ出演費を払う。

企画枠は有志バンドの応募数によって開催するか決める。

 

・春学 4/114/12(10日の昼休みに準備)

回生制限はなし、3バンド出演する。

 

・新歓ライブ 4/134/164/23(予定)

最大6バンド。枠を超えたら音源審査を行う。新勧バンドはサークルの顔になるという認識。シャッフル募集はせず有志のみのライブ。昼ライのみ開催。

 

 

・新歓BBQ4/21(雨天予備日4/22)(予定)

BBQは新入生を勧誘する場、内輪で遊ぶのではなく交流を積極的に!

お肉は業務スーパーで調達、お金は上回生で負担する。

勧誘方法はビラ・Twitterライブ中に行う。

 

・確定新勧 5/4(予定)

 

 

・春の大運動会5月中旬(予定)

新入生との交流をはかるイベント。基本的にはフレッシュ単位でチームを作る。

幹事を後々募集。

 

 

・フレッシュマンライブ 7/1(予定)

去年のフレッシュマンの反省を全員で確認した。

 

フレッシュの組み方に関しての意見

・去年と同じように入部届だけでする。

・新入生向けのパート練を開き個人の力量をパート長が判断する。

→期間的に厳しいのでは?

・機材講習会という名目でパートで集まる。

 

【結論】

フレッシュの編成は主にパート長と会長で行う。

フレッシュ付きは2回生+1回生で幹部がフレッシュ付きを選出する。

 

 

 

・今年の夏合宿の宿泊先を寺尾温泉か白馬か参考までに多数決をとってみた。

結果、以下のようになった。

寺尾温泉4 白馬5 残りはどっちでもいい人

 

寺尾温泉側の意見‥蚊が出ない。涼しい。水がタダでもらえる。

白馬側の意見‥合宿感がある。温泉がいい。

→白馬の予定を確認して、仮押さえすることに決定

 

 

・サークル費について

最近部員が増えているので部費が余っている状況。部費の使い道を考慮した上で減額するか現在の金額の4千円を継続するか議論する。

→多数決の結果、来年春学期は4千円で継続。但し、部費の使い方を見直すことに決定

→もっと部費を幅広く使っても良いのではという意見にまとまった。

部費の使い方の見直しを経てさらに部費が余るようならば、秋学期で更に減額を検討。

 

・機材の購入について

ギターアンプ、マーシャル購入の検討。

→ギターパートで必要か検討

 

・昼ライの準備に関して

パートごとに最低人数を確保。各日の準備に各パートから数人ずつ出す。誰を出すかはパート長が管理。

最低人数確保優先の制度を新歓の昼ライで試験的に運用。

 

・合同ライブ準備の参加について

上ヶ原の合同ライブについて代理制度を設ける。出演者で準備や片付けに行けない人は代理人を必ず見つけること。

合同ライブがあるときは部室予約をいれられないようにするべきか?

→バンド練は予約禁止、個人練のみ可能の制度を試験的に運用。

→合同ライブを見に行きやすいようにする。

 

司会:大井 書記:高桑 出席:三本松、大井、加藤(駿)、加藤()、南田、白石、船越、柴田、冨士川、赤木、菊地、當山、尹、鳴瀬、渡辺、埜邊、横山、山崎

 

 

第8回 代交代ミーティング ~総まとめ編~  

日時:1123()13時~ 場所:談話室

 

 

1. 成長するということ

 代の方針:「居心地の良い環境の中で共に成長するサークル」

 

現状:Deep Streamには様々なレベルの人が在籍している

→その中で全員が成長することを目指す

→しかし全員に同じ高いハードルを設置すると、相対的に下にいる人たちは多くの場合淘汰される。

→それぞれのレベルの人が自分に見合ったハードルを越え続けることで全体のレベルの底上げを図る。

※それぞれの現段階のレベルは異なっても、全員が良い音楽をするという意識は同じ

 

・それぞれのレベルとは? 

シャッフル、有志、合同では求められる最低水準が段々と高くなる。

シャッフルは誰でも組むことが可能である。

有志バンドではシャッフルで成長した者たちが自分達で力量などを考慮した上で挑戦し、さらなる成長を図る。

合同ライブはDEEP STREAMの代表として出演するため我々、また他サークルからも一定以上のクオリティが求められるためシャッフルや有志で結果を残した者が更なる成長を求める場である。

 

・過去に何度か議論の中で実力やクオリティは考慮しなくても良いのではないかという案が出ていた

→クオリティを求めることは自分の成長や良い音楽をすることに繋がる

 →演者側が良い音楽をするためにクオリティを追い求めることは必須である。

 →結果がついてこない場合は、改善する姿勢を持ち周りがアドバイスをする環境を作る。

 

◯有志限定ライブの開催

・「居心地の良いサークル」の中に全員が活動できることも含むという案が出た

  →誰でも無条件に出られる状況は有志に対する意識の低下に繋がるのでは?

→有志などはやる上で最低限のやるべきこと、よりいい音楽を目指すことは必要

→シャッフルを十分にこなせることは第一前提

これを満たした上で有志に対する意欲がある人が積極的にステップアップする場を可能な限り設ける。

  →合宿などで極端にパートの数が違う場合に関しては部分的な掛け持ち制限緩和も視野に入れる。

 

・時期について

11月あたりが望ましいのではないか

 理由として、学祭から冬ライまで2か月空いているので、その間に入れることで無理のない間隔でステップアップする場を設けることができる。

→エイドと時期が被っているのはどうなのか

 →合同と有志は別の水準にあり、各々が自分に見合ったステップアップを選択できる

 →合同に意識が向かなくなるのでは?

→合同に出たい、合同に見合ったレベルに達した人を積極的に斡旋していく。同回生ばかりで組まず、下級生も合同に誘うことで様々な人が合同に出れる環境を作る。

 

 

 

・条件

去年の反省:去年同じ時期に有志限定ライブがあったが、冬ライに参加しない人がいた。

 

シャッフルを前提としたサークルであるため後の冬ライに参加することを有志限定ライブ参加の条件とする。

2かけまでを制限として設ける。

 

・一回生の出演について

有志バンドの申し込みは二回生以上のみと設定する。

 →一回生には申込み可能な企画枠を設ける

 

 

 

司会:山崎ゆ

書記:大井

参加者:山崎ゆ、大井、横山、船越、加藤駿、小川貴、上田、菊地、埜辺、加藤瑞、渡辺、三本松、尹、南田

 

 

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/03 rolex gmt 2 fake]
[11/03 contrefaçon rolex datejust oyster perpetual]
[09/09 van cleef and arpels butterfly knock off necklace]
[09/25 bracelet van cleef occasion réplique]
[07/20 Alfredmn]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]