EventPlanning 3回生ミーティング 忍者ブログ
軽音サークルDEEP STREAMのメンバーお知らせ用ブログ。

6月度3回生ミーティング~上半期の反省編~

日時:2018619()

場所:第二厚生棟2

 

 

1.      夏ライの反省

〇日程の問題~3大学合同ライブ・NBRFオーディションとの兼ね合い~

・練習過程で間に合ってないという人もいた

→女子大の音源審査からライブまでが2週間は厳しすぎたのでは

 

〈音源審査を見込むようなライブの今後の流れ案〉次回以降この流れに従って募集&運営を行う。

募集:本番の2か月程前

音源締め切り:1か月程前

音源結果発表:3~7日間の音源審査期間、通過バンドには3週間程度の練習期間を設ける

ライブ本番

 

〇ソロパート時の観客の行動について

 今回ライブでのギターのソロパートの時に観客がギタープレイヤーの靴紐をほどいたり靴を脱がせるといった行動がみらた。しかし、足元も暗く狭いライブ会場で演奏者が転倒するリスクもあるため、今後は演者の危険に繋がる行為はしないように、また見かけた場合には注意をするようにする。

 

○練習態度の問題

・バンド練習への遅刻、コピーの到達度の低さなど練習に関してバンド全体の雰囲気があ

まりよくないということが少なからずあった。

→バンド間でもっとお互いを注意しあう雰囲気があっても良い。

→毎回同じ人の名前が挙がる

【結論】

毎回同じような人の名前が挙がるなど、多少その人の人間性の問題もあるが、バンド内ないしサークル内でお互いを注意しあう風潮が必要。

 

・シャッフルでの部室予約、特定の人に任せすぎ問題

→同じような人が部室予約を行っている。

→バンドの練習や日程調整などの進行に協力的でない人が多く見受けられる。

【結論】

各バンド内で好ましくない態度に対して声掛けを。各部員がバンド活動の進行に協力的な態度でいるべき。ちゃんと頑張っている人が苦労しているのはおかしい。

 

・シャッフルで難しい曲を出しすぎでは?

 →難しい曲を出すことに関してはたいして問題がないのでは。

→ある程度難しい曲に挑戦することも大事なのでは

→自己申告で演奏できない曲を投票から除外してもらうことが一番大切
 →曲の難易度が分かってない初心者も見受けられる。

→難しい曲ばかりだとさすがに厳しい

→やってみて曲を減らす、変更するといった話し合いもあって良いのではないか

【結論】

基本的に弾けない曲は自己申告で除外。メンバーの技量やその他の曲のレベルとの兼ね合いを考えて比較的曲のレベルがわかる人々が調整していく。もちろん挑戦は大事。メンバーの兼ね合いも考えて難しい曲と簡単な曲の比を調整してバランスをとる。「シャッフルだから」と簡単な曲に落ち着く制度は目指しているものではない。実力が底上げされ様々な曲に対応できることが理想

 

〇ライブのエンターテイメント性について

・ライブの構成や曲のつなぎ、MCなどに対しての意識が低いバンドがある現状。

MCなどの曲間のパフォーマンスも含めてライブなので、様々なライブ形態があるとは思うが本番前にそれなりの工夫と構成の確認を。練習の時からMC込みで練習をした方が良い。

 

・ライブ中のパート交換をする曲はありか?

→完成度があまりにも低く曲として通っていないのならば自主規制を。パフォーマンスの一貫としては面白いという意見もあるため、やるならしっかり通らせる!

 

〇ライブ・飲み会の応募期限を遅れての応募について

以前からこの話題は挙がっていたが、やはり今回も何人かが遅れての応募をしてきた。

・解決策:

①メーリスだけでなく、より身近な連絡手段である全体LINEで締め切り当日の朝にリマインドをする

②飲み会に関しては、体調不良などによる当日キャンセルの人が出た場合以外は、追加は禁止

③ライブに関しては、どのような事情であれ今後一切の追加募集を認めない

 

〇ライブ後の飲み会について

・声のボリュームがあまりに大きすぎたため確実にお店や他のお客さんに対して迷惑になっていた。

→サークルの評判やそのお店の出禁につながる可能性もあるので気を付けるべき。(声が大きくなるのならばお店でコール等は控えるべき。)

 

 

2.フレッシュ付きについて(現段階での反省)

・各パート技量の高い人をフレッシュつきとして今回選んだが、技量は高くても多忙であったりフレッシュ付きとしての責任感などがない、一回生とコミュニケーションを積極的に取ろうとしない、等の理由で上手いこと1回生に教えられない人もいた

→初心者の子に対する指導に関しては各パートのトップレベルの実力者ではなくても基本的な実力のある人なら十分こなせるのではないか

→練習を見てあげられる、適切な指導をできることが大切。(指導力)

【結論】

次回(来年)以降は実力以外の面の「教える技術」「予定管理能力」「一定のコミュニケーション能力」も審査基準に入れても良い。また、フレッシュマンライブまであと2週間あるので現段階で改善できることはフレッシュ付きに指導する。

 

・フレッシュ付きの人数について

→今年の採用基準は、初心者がいるパート全てにそのパートのフレッシュ付きを付けた。昨年まではフレッシュ付きは2人だけだったが、今年は3人いるフレッシュもあり、上回生のだれかは必ず練習を見に行けた。

→フレッシュ付きが2人のフレッシュはボーカルやキーボードのフレッシュ付きを付けても良いのでは。( 今回はキーボードの新入生もいたが経験者だった)

【結論】

フレッシュ付きは基本3人単位にしても良い。(4人以上はさすがに多い)また、初心者の子にはそのパートの上回生をつけることは継続で良い。また、その結果フレッシュ付きが2人のバンドにはボーカルなど他パートの上回生をつけても良い。

 

・フレッシュ付きを決めたり説明をしたりするのが遅かった

→もっと早めにフレッシュ組みの日程調整を行うべきだった。また、フレッシュ付きに事前にバンドメンバーの情報を共有しても良かった。

 

 

3.スポーツ大会について

BBQ後、一定人数が体調不良になっていた。

 →肉をさらに低温で管理をすべき。直射日光での管理をできるだけ避ける。また、生肉をつかんだトングで焼けた肉を渡さないように注意

 

・幹事:タイムテーブルの発表がなかったり、日程の連絡が遅かったりしていた。

→仕事量が多かったので、来年も行うのであれば、BBQとスポーツ大会それぞれに担当者(幹事)2人ずつつけてもよかったのでは?

 

・ライブではなくイベントという題目であったためなのか、遅刻が多かった

→厳重注意はしたが、意識的な自覚が不十分。いかなる時も遅刻厳禁。運営や周りの参加者に迷惑。

 

【良かった点】 

☆☆新入生の交流の場としてという目的もあったが、実際に新入生同士でラウンジで教えあったり、上回生と話している姿などをみるためその点では有益なものだった!!!(今年はラウンジでよく見かける)

 

 

4. 冬合宿の反省

・合宿後のインフルエンザ患者の大量発生について

→夕食の鍋で、菜箸を使わず直で鍋をつついていたことが原因?

→全体的に館内が寒かった

【結論】

各自体調管理をしっかりする。睡眠を十分に取る。鍋などは時期的に菜箸を使うことを推奨

 

・病気で診察を受けたが、健康保険証を持ってきておらず、負担額込みで部費から補助することになってしまった

→保険証の持参を全体LINE等で強調すべき!

→もし忘れた場合は、保険適応外の分は自己負担!

 

・今回は飲み会の2次会を本編の飲み会の後に行った

→参加率も高く、部員の不満解消に繋がり概ね良かったようだが、幹部は片付けなどに追われて本編・2次会ともに参加できなかったため「管理係」をつくって準備、片付け、介抱の人数を増やす(今後検討)

 

・企画枠について

→昨年まではアレンジ枠だったが、今年から企画枠に変更。変更の経緯は、昨年までのアレンジは定義が曖昧、かつ真にアレンジをしているバンドはほぼなかったので負担ばかりがかかるものとなっていた。そこで、劇や踊り、楽器を使ったパフォーマンス何でもありの「企画枠」に変更した。
【結論】
楽器が初心者の子でもライブのパフォーマンスの中でダンスや一芸などを発揮して輝くことができるという点で非常に良かった。ただ、与えられたテーマは守るべき

 

・片付けなどができていなかった

7階のスタジオ横のスペースの片づけを幹部で行った

→片付けの時間を設ける?

→ホテルの人に迷惑

【結論】

片付けをする時間を設ける。またライブ前日に荷造りを終わらせておくことを推奨。今回無料でもらえる水を飲み切らずに放置し、だれの物か分からずにゴミになっていたのでペットボトルに名前を書かせた方がよかった。

 

5.「秋の有志限定ライブ」について

・秋の有志限定ライブを開催した場合、どの程度のバンド数が集まるのか予測した。(ライブ開催には時間、金銭面を考慮すると最低でも9~10バンドの出演が望ましい)また、秋の有志限定ライブに出る場合冬ライにでることを最低条件としている。

 

2回生:参加したいが多数派(2回生ミーティングより)

3回生:学祭以降例年出演する人も少なくなる(就活、院試の準備)のであまり参加者いないのでは?冬ライに出ないという3回生も少なからずいるので3回生のみのバンドは少ないのではないか。また、エイドと時期が被るのでエイドに出演する場合参加しないという意見も出た。

4回生:現状から12バンド出演する余地があるのではないか

 

→総バンド数が足りない可能性あり

1回生の有志枠を許可しなければバンド数が足りないのではないか

→その場合一回生のみのバンドは許可せずに、上回生込みのバンドならば許可しても良いのではないかという意見もでた

 

【結論】

3回生が開催するライブであるにも関わらず3回生の出演者が少ない見込みであることから、この代の企画としての「開催はなし」という方向に。出演したいという要望の多いと思われる2回生に対して、必要であれば企画の引継ぎをする。

 

 

 

司会:大井

書記:大井・中村()
編集:山崎

参加者:山崎・三本松・大井・菊地・加藤(駿)・船越・加藤()・尹・鳴瀬・中村()

PR



日時:2018426() 放課後

場所:第二厚生棟1階

 

1、 夏合宿について

・日程:9/8()9/14()で現在のところほぼ確定。

・場所:長野県 白馬モアリゾートけやきの樹

・料金:15200053000

(人数が少ないと価格がこれ以上高くなってしまうので、参加者を増やすようにする)

 

2、新入部員の入部・フレッシュマンライブについて

・フレッシュへの出演権のある人の入部届受諾4月末まで。

 →受け取りは幹部のみが行う(新入生への説明などがあるため)

・フレッシュ前のパート練習という話があったが、時間の関係でなしに。
・パート長が楽器に関する簡易的な基本知識などをまとめた資料をつくり、
 フレッシュの出演者に渡す
 →後から確認もでき、技術の向上につながる

 

3、 ロクサミの音源審査について

ロクサミ:7月はじめ頃に上ヶ原で開催。

→「その時期には夏ライの開催やNBRFに向けての音源審査があるため、重複して出演する予定の人などのことを考慮し、音源審査をなしにして幹部判断で出演バンドを決めるのはどうか」という意見があったが...

→話し合いの末全員一致でロクサミに関しては音源審査ありに

 

4、 BBQ&スポーツ大会について

本来スポーツ大会だけの予定だったが、BBQを行う上ではお金が必要に

料金:1回生は500

        上回生は1回生の分も補った費用を払う

 

5、 役職について

新歓関連や、ライブやイベント開催に関するTwitterでの宣伝などの仕事をどの役職の人が行うか不明確だったため、この代では「広報」という役割を設定。

→今年度は鳴瀬・サチダに担当してもらうことに

 

6、 部費ついて

部費の使い方の多様化という以前からの議題について、「シャッフルライブへの出演費をどのライブも一律1000円にして、不足分は部費から補う」という幹部からの提案

   Q、なぜシャッフルライブ限定なのか?

 A、シャッフルは多くの部員が参加することができ、最も公平な使い方であると考えるから
 
  →今年の夏ライに関してはこの方針を適用する

 

7、 上ヶ原での合同ライブ準備の代理制度について

三田キャンパスや他大の学生が多いDeep Streamは、合同ライブ前日の上ヶ原での昼休みの時間の準備に授業の関係で行ける人が少なく、制度をもとに春学のときに代理で行く人を探したが見つけられない人も多く、この制度を廃止すべきであるという方向に。

 

8、 合同ライブ開催時の部室使用禁止ルールについて

直近にライブや音源があり練習したい人にとっては不都合な制度であるなどの

理由で廃止にしてもよいのではないか
→合同ライブ時(上ヶ原・他大との合同ライブ)には部室予約を開放する。

 

9、 昼ライの準備について

パートごとに準備を担当する人数を決めて、チャペル時や3限の準備・片づけをする人を確保するという新システム

→結果的には先日の新歓ではこのシステムが上手く機能して人が集まったため、今後もこのシステムを継続!

→課題:チャペルに来れる人が少なかった

・人数の少ないkey.パートからは減らし、vo.パートからは準備の最低人数のを増やす

2限は授業がある人も多いため、チャペルで準備が終わるように最低でも各準備時間2030人確保

・チャペルの準備は当日参加者は必ず参加

→出演者が準備に来ているかを部室で確認

→来れない場合は事前に理由を幹部またはパート長に報告

 

10、 秋の有志限定ライブについて

先日の春の有志限定ライブ:出演者自体が少なく掛け持ちする人も多かった。観客も少なく盛り上がりに欠けた

→部内だけの有志限定ライブの開催の必要性はあるか?

様々な意見があるが、5月のミーティングでまたこの議題を取り上げることにする。

また、2回生が主体になり始める時期なので意見をミーティング前にきくことにする

 

 

 

参加者:山崎()・大井・埜邉・菊地・南田・船越・上田・鳴瀬・笠原・中村()

司会:山崎(雄)
書記:埜邉・中村(美)
*学祭の音源審査の方法
-一昨年は二分以内の音源を提出
-去年はパート長審査を行い,一緒に原曲の音源も提出した
 一人五票で,音源提出バンドのメンバーは全員必須で他バンドに票を入れる
 メンバーが票をいれてなかったら,そのバンドから票がマイナスされる(ペナルティ)



*意見
**パート長審査について
-パート長審査すれば審査すべき音源が少なくなるので良い
 去年は28バンドから22バンドに減った
-理由も知らずに落とされるのは良くない
-みんなに音源が聞かれないバンドがあるので勿体ない
-審査する人とされる人が同じだと,公平に見えない
-今年はバンドの数が一定数以上なら,パート長審査をする
 それより少なかったらしない
-パート長審査によって,音源の数が少なくなって
 みんなが聞いてくれて,全体的に票数が多くなったなら意味がある.
 だけど本当に票数が多くなるのかは分からない

**音源の短縮について
-元から音源を真面目に聞かない人は,音源の数を減らしてもやっぱり聞かないはずだ.
-音源を短くしたら難しいとこを演奏しないで済むのでセコイ
-音源を短縮しようとフルだろうと,簡単な曲を選べばクオリティが維持できるので
 同じことだと思う.投票のルールに対応,選考に受かろうとして工夫をすることを
 セコイと考えるのは違うと思う.
-音源を短くしたら,コピーが簡単になってしまって余計に有志が組まれやすいはずだ.

**掛け持ち制限について
-掛け持ち制限をすべきだ.
 掛け持ち制限はシンプルだし,主観によらないから良い.
-掛け持ち制限をしたら,すでに組んでるバンドはどうするの?
 有志が出来なくなる人が増える.



*今年の投票のルールを多数決で決める.
-パート長審査
あり 3
なし 12
有志が一定数以上あれば審査 10

-曲の長さ
フル 23
2分以内 2

-かけもち制限
あり 12
なし 13



*その他
有志バンドに出ているのに,他のバンドに投票しない人がいる場合
その人がいるバンドは選考落ちにする.(?)



*結論
-パート長審査無し
-音源はフルで提出
-かけもち制限無し



書記:榎本
参加者:三谷、重谷、村瀬、山田、坂田、大谷、鎌田、来嶋(X)、船曳、河本、小森、寸田、藤原、中山、三宅、榎本、高妻、尾花、高木明、小林理、藤長、原、油谷、後藤、中井、田中

23回合同ミーティング(6)

 

〈学祭ステージについて〉

※前提:フレッシュは全て学祭に出演可能

    2ステージにしても、業者を2つ呼ぶのはなし(業者間の兼ね合い的に)

 

1ステージ(旧食堂前)

音質の差がない

(ベーオンを呼ばない場合は)お金がかからない

半分の機材で済む

雨天時のビニール等の資材が半分で済む

見栄えがいい

 

(比較的)盛り上がりにくい

音量の問題がある

通路規制しなければならない

時間に余裕があまりない(実力を発揮しきれないのではないか?)

ステージ業者の手配・建設の手間

朝早い

学祭委員との話し合いが面倒(ステージの再現等)

 


1ステージ(芝生)

盛り上がる

通路規制の必要がない

ステージ業者の手配、建設の手間がない

朝遅くていい

学祭委員との面倒な話し合いが不要

 

見栄えは良くない

 


2ステージ

ステージにより音質の差が生じる

ベーオンお金かかる

ベーオンの機材運搬が負担

雨天時のビニール等の資材が倍になる

内輪(?)感がある 後ろが見えない

 

盛り上がる

音量を気にしなくてよい

通路規制をしなくてよい

時間に余裕がある

ステージ業者の手配・建設の手間なし

朝遅い

学祭委員との面倒なやり取りの必要がない

 


多数決:①1ステージ(旧食堂前)、②1ステージ(芝生)、③2ステージ

→①4票②3票③15票(無投票1名)で、2ステージ(ベーオンステージ、Deepステージ)に決定!

 





〈飲み会について〉

・最近特に飲み会でのふるまいが酷い

・人に迷惑をかけない

・店で吐かない

1回生に飲ませない(1回生の子たちはまだ断れない)

・フレッシュの飲み会は新入生メインの飲み会。特に気を付けるように。

・楽しむのは大事だけど、常識の範囲内で(風紀的なことを含め)あり得ないことをしない

・問題行動はみんなで自主的に止める

 




〈夏フェス、2回生について〉

2回生が新しい企画を持ってくること自体は歓迎

・幹部で検討してから新しい企画は実行する形式

・幹部を通さずに先に企画の話を進めない、広めない

2回生がどこまで自分たちで決めていいのか。話し合っていいのか。

 →基本的には2回生が「自分たちの代でどうしたいか」ということを話し合ってほしい。

代交替までは基本的に3回生が進める。

新しい企画を発案して幹部に持ってくるのは大歓迎

 




〈フレッシュについて〉

・フレッシュ終わってからフレッシュ付きでミーティングを開く

・フレッシュ付きはフレッシュでの反省点をまとめておく

 


参加者:油谷、田中、船曳、藤長、中井、坂田、来嶋(X)、後藤、三谷、藤原、中村(ピ)、中村(ミ)、村田、冨士川、柴田、上田、井上、三本松、山崎(雄)、埜辺、菊地、加藤(駿)、白石


3回生4月度ミーティング議事録

1.日時  2017年4月27日

2.場所  ラウンジ

3.女子大合同に関して
・6月4日関大前THホールにて、立命館・京都女子との合同ライブ
・セッション1枠、各大学3枠
・大学枠応募過多の場合は音源審査
・春学祭でのバンド組みの反省から無理に3バンド出すことはせず、タイテを調整するなど柔軟に対応する
・かけもちに関して制限はない

4.夏ライに関して
・幹事は中山・重谷
・教職科目やTOEIC、合同ライブの日程と調整し6月18日を予定しており、以前から三宮・大阪周辺のライブハウスに問い合わせていたが空いている場所がなかった。加えて、前後の週も確認したがどこも埋まっていた。
→ミーティング中、十三246Lスタに確認をとったが空いておらず断念
→今年度の夏ライは昼ライブのスタイルで行うことに決定
・雨天の場合を考慮し、6月10日を本番予定日、6月11日及び18日を延期先の日程とした
・2016年度にあった「幹部世代以下のロクサミ出演者の夏ライ参加は必須」といった条件は設けない
・夏ライ開催にあたり必要機材の購入を検討する(ドラム用マイクや、マイクスタンドなど)

5.ロクサミに関して
・日程は7月6・7日の予定
・サークル枠のかけもちはなし。セッションとサークル枠のかけもちはあり
・サークル枠は2枠あるが、出演バンドが集まらなかったときはセッション枠で埋めるなど対応
・サークル枠応募過多の場合は音源審査
・時期尚早と判断し音源審査に1回生は参加させない

6.ノーボーダーに関して
・日程は8月16・17日
・大学枠は4枠
・音源審査の競争性を考慮し、かけもち制限は設けない
・大学枠応募過多の場合は音源審査
→フレッシュ1バンド(フレッシュ付きを除く)につき4票で投票
→2回生以上は一人4票で投票
→出演者に関しては、自分のバンド以外で1バンドにつき4票で投票
・コメントを強制にすると稚拙な文面や実りのないコメントも多くなると判断し、コメントの記入は自由とする

7.フレッシュ付きに関して
・幹部や役職付き、イベントによく参加している3回生一人に対して、パートの異なる2回生を一人選出し、2人でフレッシュ付きをしてもらう
→2回生にとっては来年度フレッシュ付きをする訓練になる
→パートが異なれば練習でのフォローも手厚くなる
→学年が違うので忙しくともどちらか一人は練習を身に行ける体制を作れる
・フレッシュ付きになる場合は事前に連絡を入れる

時間に余裕があったため以下の事項についても軽く触れた
8.夏合宿の有志かけもちに関して
・本会議における参加者で多数決をとった結果、満場一致で「有志バンドのかけもちはしない」に
→冬合宿の運営がうまく行われていたことなどが理由
→次回会議でより深く話し合うことに


司会/書記:谷口
参加者:油谷、田中、坂田、船曳、鎌田、中井、三谷、藤原、中山、山田

文責:谷口
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/03 rolex gmt 2 fake]
[11/03 contrefaçon rolex datejust oyster perpetual]
[09/09 van cleef and arpels butterfly knock off necklace]
[09/25 bracelet van cleef occasion réplique]
[07/20 Alfredmn]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]